人気アロマスクールを徹底分析!in大阪
サイトマップ
人気アロマスクールを徹底分析in大阪 人気アロマスクールを徹底分析in大阪

アロマスクールに通いたい!
大阪の仲良し3人組が
各校を調査!

大阪女子3人が評価した 大阪のアロマスクールBEST3はこちら
HOME » アロマスクール選びのポイント » 取得できる資格をCheck!

取得できる資格をCheck!

imgアロマ大好き3人組の1人「香織」が、アロマスクールで取得できる資格について教えていくで!

ひとくちにアロマスクールといっても千差万別やん?取得できる資格もいろいろあんねん。自分の将来を考えつつ資格を選び、その資格を取得できるようなスクールを選ぶことが大切やな。ということで、どんな資格があるのかを一覧形式にしてみたでぇ。
ほな、CHECKしといてぇ。

資格認定の主要機関と資格一覧

機関名 日本アロマセラピー統合医学協会
特徴 内閣府認証特定非営利活動法人である「日本アロマセラピー統合医学協会」は、メディカルアロマセラピストや心理カウンセラー、メンタルセラピストなどの資格認定、統合医療の普及・発展に努める組織として2000年4月に設立されました。一人ひとりの心身を様々な角度から見つめて治療にあたる「統合治療」を治療理念とし、「西洋医学」と「相互補完医療」の両面に精通しています。
資格取得のためには指定校にて指定のカリキュラムを受講するか、心理アロマアドバイザーの資格を取得する必要があります。資格の範囲は、アロマメインのものから医学メインのメディカルアロマセラピストまであり、一般的に癒しを提供するアロマセラピストの資格も取得することができます。
取得できる資格 内閣府認証日本アロマセラピー統合医学協会認定アロマセラピスト、メディカルアロマセラピスト、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター、AEAJ認定アロマセラピスト、リフレクソロジスト、心理カウンセラー、整体師
機関名 AEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)
特徴 1996年4月に設立された日本アロマテラピー協会が母体になった、日本でのアロマセラピーの健全な発展と普及を目的とする団体です。人と自然との共生を大切にし、心豊かで心地よい”アロマ環境”作りを推進しています。
AEAJがプロフェッショナルと定める資格は、学習環境やカリキュラムの規定を満たしたAEAJ認定校で必須科目を受講しないと、試験を受けることができません。8万人以上がAEAJのプロフェッショナル資格を有し、アロマセラピーの現場で働いています。また、基礎知識の普及を目的にしたアロマテラピー検定は受験条件がないので、独学で受けることもできます。
取得できる資格 AEAJ認定アロマセラピスト・アロマテラピーアドバイザー・アロマテラピーインストラクター
機関名 IFPA(The International Federation of Professional Aromatherapists)国際アロマセラピスト連盟
特徴 IFPAとはイギリス最大のアロマセラピスト協会です。ここでは、アロマセラピストの育成と、普及活動を行っています。IFPA は2002年にRQA、IFA、そしてISPAの3つのアロマセラピスト協会を統合して生まれたそうです。IFPAの会員としてのライセンスを持つことは、国際的に高レベルの技術を持つ証となるといわれ、海外での活動も視野に入れていけます。
IFPAの資格を取るためには、わずか国内6校のIFPA認定校で、アロマセラピーについての講義を受講しなければなりません。全日程を終了すると、IFPA認定試験の受験資格が与えられます。そして、その試験に合格すると資格がもらえるようです。資格がとれたら、IFPA認定校で講師をする資格も与えられます。
取得できる資格 英国IFPA認定アロマセラピスト
機関名 ITEC(International Therapy Examination Council Limited)国際セラピー試験評議会
特徴 ITEC(アイテック)とは、イギリスに本部がある国際的なライセンス機関のことです。国際的な教育基準に基づいて、アロマセラピー、ビューティーセラピー、リフレクソロジー、リンパドレナージュなどの資格試験を実施しています。特にヨーロッパにおいては歴史も古く、知名度も高い機関。ITECディプロマコースを提供している学校は、全世界で500校を超えていると言われています。
取得できる資格 英国ITEC認定アロマセラピスト
機関名 NARD JAPAN(ナードアロマテラピー協会)
特徴 ベルギーで設立された研究機関で、1998年に発足。アロマテラピーが日本及び各国において健全に評価され普及していくことを目的として活動している団体となります。資格取得のためには指定校にて指定のカリキュラムを受講する必要があります。そして、資格認定試験を受けることで、NARD JAPAN認定の資格を得ることができます。
取得できる資格 アロマ・アドバイザー、アロマ・インストラクター、アロマ・トレーナー、アロマセラピスト、アロマセラピスト・トレーナー
機関名 JAA(日本アロマコーディネーター協会)
特徴 1995年、日本にアロマセラピーやアーユルヴェーダを普及するために発足した日本のアロマ教育機関です。ライセンス(資格)取得のためには、指定校で指定されたカリキュラムを受講する必要があります。その後、JAAが実施するアロマコーディネーターライセンス認定試験を受験。アロマコーディネーター認定試験に合格した後は、JAAの正会員として登録することで、 ライセンスを取得することができます。ライセンスによって取得するまでの流れが異なるので、ご注意下さい。
取得できる資格 アロマコーディネーターライセンス、アロマハンドリラックス(AHR)ライセンス、アロマ・フェイシャル・リラックス(AFR)ライセンス、インストラクターライセンス、チャイルド・ケアライセンス

国内のスタンダードは「AEAJ」の資格

img日本では、AEAJの資格がスタンダードやな。
これを持っておけば、サロンで働くことはもちろん、病院や介護施設、サロン開業でも困ることはほぼあらへん。
費用もスクールによって千差万別とはいえ、約100,000円位で済むところが多いさかい、お手頃やなぁ。
ただ、アロマセラピーの資格を持って、海外で活躍したいなら、IFPAの資格を取得することを勧めるわ。

AEAJの資格を取得できる大阪のアロマスクールランキングへ≫

 
このページの先頭へ ▲
人気アロマスクールを徹底分析!in大阪