人気アロマスクールを徹底分析!in大阪
サイトマップ
人気アロマスクールを徹底分析in大阪 人気アロマスクールを徹底分析in大阪

アロマスクールに通いたい!
大阪の仲良し3人組が
各校を調査!

大阪女子3人が評価した 大阪のアロマスクールBEST3はこちら
HOME » アロマセラピストになりたい方へ » アロマセラピストとは?

アロマセラピストとは?

img「アロマセラピストとは?何っ?」って人たちは注目してくださーい!
アロマ大好き「桃子」が、アロマセラピストの魅力の一部を解説しまーす。

具体的には、アロマセラピスト設立の歴史や仕事内容、活躍のフィールドなどを紐解いていきますね。読み終わってからは、アロマの奥深さをきっと実感していただけるはず…!

アロマスクールでアロマを習う前に、知っておいた方が良いかもしれませんよー?

おすすめアロマスクールのランキングはこちら>>

アロマセラピーの歴史と概念

アロマセラピーは、1937年にフランスの香料化学者ルネ・モーリス・ガットフォセという人が作ったと言われていまーす。「アロマテラピー」という著作で使ったのがきっかけで、この本には、彼が実験室の火災によって重度の火傷を負った際の緊急処置として、ラベンダーを塗ることを試してみた経験が描かれているんです。そこで、彼はラベンダーの驚異的な治癒作用を知って、研究するようになったそうですよー。これが歴史の始まりでーす!

アロマの認知度という点では、フランスの医学博士ジャン・バルネが、精油を使った医療を実践して功績をあげ、『ジャン・バルネ博士の植物=芳香療法』という著書で、アロマテラピーを世に広めましたー。

日本での歴史は、1980年代頃、海外でアロマセラピー技術を学んだ者たちが日本国内で実践を始めたのがきっかけだそうでーす。1990年代には、「癒しブーム」などに乗り、また、「代替医療」としても注目されたことで急激な広がりを見せ、今日に至るのです!


アロマセラピーの概念としては、「芳香療法」だそうです…。つまり、精油(エッセンシャルオイル)の芳香成分(芳香分子)が持つ薬理作用を使い、心身の疾病の予防や治療を行うことですねー。
中でも医療的なアロマセラピーは、精油を使用したものに限定され、補助療法や代替療法として用いる事が大前提みたいですねー。医療的なアロマセラピーはフランス系のアロマセラピーに相当し、医師の適切な処方によって行なわれるのが理想だと言われています。

一方、イギリス系のアロマセラピーというものもあって、それは「アロマセラピスト」と呼ばれる専門家が施術をおこないまーす。医療とは区別され、心身のリラックスやスキンケアに主に活用されています。精油の利用に関する的確なアドバイスをしたり、さまざまな種類の精油をブレンドしたアロマオイルを用いて、トリートメントをしたりするんですよー。 

アロマセラピストの仕事内容と活躍のフィールド

日本でのアロマセラピストの仕事内容は、持っている資格によって分かれるようですねー。具体的な資格名と仕事内容は以下の通りでーす。

資格名 仕事内容
アロマセラピスト お客様にアロマセラピーの施術をおこない、エステティックサロンやアロマセラピーサロンなどでは、アロマトリートメントの施術をおこないます。
アロマセラピーインストラクター アロマセラピースクールやカルチャースクールの講師になります。主に、アロマセラピーの教育に携わる仕事ですねー。
アロマセラピーアドバイザー アロマセラピーをお客様に提供したり、アドバイスや販売などをおこなう仕事ですよー。
メディカルアロマセラピスト アロマを使ってニキビやアトピー、風邪や睡眠障害などのさまざまな疾患の症状をケアする、医療に携わる専門家ですねー。

img活躍の場としては、エステやアロマサロンなどの美容関連施設、補足的医療や医療補助として取り入れている病院などの医療施設、アロマ販売店での販売員・アドバイザーなどが挙げられますー。
後は、アロマスクールのインストラクターや講師なんかもありますねー。(けっこう難関らしいですが…。)
最近では、スポーツ施設でのアロマトリートメントやペット関連施設での施術なんているのもあるみたいですよー。(求人は関東などの首都圏に多いですねー。)

 
このページの先頭へ ▲
人気アロマスクールを徹底分析!in大阪